山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > センスの良いお部屋にリフォーム!失敗しない床材の選び方

山ちゃんブログ

センスの良いお部屋にリフォーム!失敗しない床材の選び方

2016年10月19日(水)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら東葛地区No.1
松戸市・柏市・流山市・船橋市・我孫子市・市川市・野田市・鎌ヶ谷市・
白井市・印西市・葛飾区の施工はプロタイムズ松戸、柏、鎌ヶ谷店に
お任せください。ヤマモトホールディングスです!

 

古い建物では、床下を補修してから床材を貼り直します。床材はさまざまな種類がありますが、一般的なのは木質素材のフローリングです。色や素材の質感については、壁・天井材と同じく実物を確認しておきましょう。

 

既存の床を剥がすと、古い建物では床下が傷んでいることもあるので、修繕してから新しい材料を張ります。簡易な工事にしたい場合は、既存床の上から重ね張りできるリフォーム用のフローリングを利用する手もあります。

 

wooden-floor-1336166_960_720

 

《主な床材と特徴》


 

フローリング:木の床材。ナチュラルであたたかな木の質感が魅力。耐久性も高く、人が集まるリビングには最適な素材。合板に天然木を張り合わせた複合フローリングと、むく材とがあります。

 


 

タイル:板状の建材。リビングでは、やや大きめの30cm角で、白っぽい石や、ベージュ系のテラコッタといったナチュラルな質感をもつものが好まれます。耐水性が高く拭き掃除しやすい。

 


 

カーペット:ナイロンやアクリルなどの合成繊維、天然のウール素材などがある。足触りがソフトで保温性、吸音性に優れる。パネルタイプのカーペットは、汚れたら部分的に張り替えができる。

 


 

クッションフロア:ビニール製の床材。安価で取り入れやすく、適度なクッション性とあたたかさがあり、水拭きしやすい。リビングに適したフローリングやタイルを模したデザインもある。

 


 

 

 

弊社ではリビングや居室の内装、バスルームやトイレ、キッチンを含めた水廻りリフォーム・増改築、全面改修など大型の工事、また修理・修繕など承ります。外壁塗装や屋根塗装もお任せください!!

 

リフォームは、施工実績が豊富なヤマモトホールディングスにご相談を。

現場調査からお見積りまで無料です。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

http://matsudo-paint.com

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら