山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 省エネ給湯機、エコジョーズやエコキュートの費用の例

山ちゃんブログ

省エネ給湯機、エコジョーズやエコキュートの費用の例

2016年12月14日(水)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら東葛地区No.1
松戸市・柏市・流山市・船橋市・我孫子市・市川市・野田市・鎌ヶ谷市・
白井市・印西市・葛飾区の施工はプロタイムズ松戸、柏、鎌ヶ谷店に
お任せください。ヤマモトホールディングスです!

 

省エネ給湯器で賢いリフォーム、いよいよ気になる費用編です。エコフィール、エコジョーズ、エコキュートのそれぞれの初期費用とその事例をご紹介いたします。

 

dining-1809847_960_720

 

《初期費用と工事内容》


 

《エコフィール》石油給湯器より高効率のエコフィールに変更した場合 初期費用 約35万円

《金額に含む内容》エコフィール(フルオート、屋外型)、関連機器、設置工事費など

設備の老朽化に伴い、これまで使っていた石油給湯器からエコフィールに取り替えた事例。機能によりタイプに分かれているので、使用目的別に予算に合わせて選ぶことができます。新設する場合は、石油タンクなどの費用が別途必要です。

 


 

《エコジョーズ》古い給湯器をエコジョーズに交換した場合 初期費用 約25万円

《金額に含む内容》エコジョーズ(24型、フルオート)、関連部材、取り付け工事費など

古くなったガス給湯器をエコジョーズに交換した事例。普通のガス給湯器よりは多少割高ですが、普及が進むにつれ価格が下がっています。取り付け工事費は、設置場所の状態により変動します。給湯量などの能力により機種が分けられています。

 


 

《エコキュート》電気給湯機とIHクッキングヒーターでオール電化にした場合 初期費用 約86万円

《金額に含む内容》エコキュート(薄型370L)、IHクッキングヒーター、オール電化工事費、諸経費など

エコキュートとIHクッキングヒーターを採用し、オール電化にした事例。屋外に設置する貯湯タンクユニットとヒートポンプユニットは、敷地の幅に合わせ薄型を選択。エコキュートはさまざまなタイプがあるため、ニーズと予算に合わせて選択しましょう。

 


 

 

熱効率を考えて、冬も暖か!省エネリフォームをしませんか?省エネリフォームは実績も豊富な当社にご相談を。ヤマモトホールディングスでは現場調査からお見積りまで無料です。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

http://matsudo-paint.com

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら