山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > インテリア的ベッドの選び方。寝心地はマットレスの品質で決まる!

山ちゃんブログ

インテリア的ベッドの選び方。寝心地はマットレスの品質で決まる!

2017年03月27日(月)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

《ベッドの選び方とマットレスの品質について》ベッドは好みのデザインと寝心地の両面から選びましょう!

 

ベッドを選ぶとき、デザインやサイズ、収納などの付加価値に目を奪われがちですが、実は一番大切なのがマットレスです。

 

このマットレスの性能が「寝心地」に大きく影響を与えます。間違ったマットレス選びが肩こりや腰痛、不眠症など健康面にさまざまな影響を与える可能性があるので、慎重に選びましょう。

 

 

デザイン面では本体の色と素材に注目。ベッドの脚やベッドボードの色が、フローリングやその他のインテリアにマッチしていないと不自然な印象になります。

 

さらにその高さもスタイルに影響を与えます。一般に脚が長く背の高いベッドには、トラッドでクラシックな印象があり、低いベッドはカジュアルでモダンな印象があります。そういった全体のシルエットや表情も忘れずにチェックしましょう。

 

寝室の面積に限りがある場合、ベッドの脚にキャスターがついていると、少しずらして床を隅ずみまで掃除できます。ハウスダストをアレルゲンに持つ、アレルギー体質の人にもおすすめです。

 

フレーム下の引き出しは収納力アップにつながりますが、その場合はまわりに引き出しをあける余裕があるか、気密性の程度はどうかなどをチェックしましょう。

 

ヘッドボードに収納部がついていると本体がぐっと長くなるので、そのサイズが果たして部屋に入るかどうかも確認しましょう。

 


 

 

賢いベッドの選び方《マットレス編》

 

寝心地を左右するのはマットレスの品質です。通常のベッドのマットには「スプリング」というパーツが入っています。このスプリングの形状や使った数(かなりの違いあり)によってさまざまな種類があるので、その特徴や寝心地は実際の店頭で試してみましょう。

 

仰向けに寝たとき、背骨や腰が自然な状態で沈み込む程度の柔らかさがあるもの、それでいて中がしっかりしていて沈みすぎないものが良いといわれています。

 

その点では、重心が均一にかかり、自然な姿勢が保てる「低反発マットレス」が注目されるようになりました。また、マットレスはベッドと別売りで購入することもできるので覚えておきましょう。

 

 


 

 

↓《寝室のリフォーム、プロにアドバイスもらえます!》

「ベッドルーム」のリフォームご相談・お問い合わせはこちら

 

《夢を叶えるリフォーム》弊社のリフォーム施工事例はこちら

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住まいに関する疑問・相談はお気軽にどうぞ。アドバイスなども無料でいたします!

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

 

お問い合わせフォームもございます。

ご相談・お見積もり依頼

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら