山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > ベッドルーム(寝室)のインテリア、収納はどんなものを選ぶべき?

山ちゃんブログ

ベッドルーム(寝室)のインテリア、収納はどんなものを選ぶべき?

2017年03月29日(水)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

この間「めざ◯しテレビ」でやってた「エア花見」。「エア花見」とは外で桜の木を眺めて楽しむのではなく、部屋の中で桜の画像や桜グッズ・桜の写真なんかを愛でながら宴会を楽しむことらしいです。

 

最初はえ〜〜エアって…桜はやっぱり満開を外で楽しみたいわー、と思っていたのですがこのエア花見、実際の花見は意外と寒いし、外でレジャーシート広げるとお尻も冷たくなるし、場所取りも大変だし、トイレも大変だし、なによりお酒をのんだ後帰るのが面倒臭くなってしまう、という問題を全てクリア!!

 

今年は、桜祭りは行きつつ、家でもエア花見を楽しんでみようかなと思いました。

 


 

 

《寝室の収納はどんなものを選ぶと使い勝手が良いのでしょうか。》

 

 

まずは「チェスト」。ベッドルームの「チェストが置ける場所」を採寸しましょう。その幅に合う大きさのものでかつ、収納力があってお洒落なデザインを選びましょう。

 

引き出しの深さも意外と重要で下着やアクセサリーなどを入れる場所は浅く、セーターなどかさばるものをしまうときは深いものが便利です。

また、頻繁に出し入れをするため引き出し全体のつくりが丈夫であることも重要です。

 

選ぶ前に引き出しがガタつかないか、隙間がないか(ホコリや虫が入る可能性も!)なども確認しましょう。

 

ドレッサーは女性がゆっくりと鏡に向き合える場所。鏡は丈夫なつくりで歪みがないことが最低条件です。

その上で、化粧品やアクセサリーなどしまいたいものの形状や、量に合う引き出しがあるかどうかをチェックします。ただ最近は、洗面所でメイクする女性が増え、ドレッサー自体の需要が少なくなりました。

 

反対にスタンドタイプの上質の鏡をチェストの上にのせるスタイルが人気です。

また「ドレッサーをデスク替わりに使う」というケースもあります。その場合は天板の広いデザインを選びましょう。

ワードローブやチェストとつなげて造り付けにするユニットタイプのプランもあります。

 


 

 

↓《寝室のリフォーム、プロにアドバイスもらえます!》

「ベッドルーム」のリフォームご相談・お問い合わせはこちら

 

《夢を叶えるリフォーム》弊社のリフォーム施工事例はこちら

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住まいに関する疑問・相談はお気軽にどうぞ。アドバイスなども無料でいたします!

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

 

お問い合わせフォームもございます。

ご相談・お見積もり依頼

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら