山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > プロが教える5つの収納テクニック 部屋をゴチャつかせないインテリア術

山ちゃんブログ

プロが教える5つの収納テクニック 部屋をゴチャつかせないインテリア術

2017年04月25日(火)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

部屋を綺麗に見せて、ゴチャつかせないための収納テクニック、お教えいたします!

 

「よく使うものは取りやすい位置に」というルールは守れても、そこが取りやすい仕掛けになっていなければ「便利な収納」とはいえません。少しでも「取りにくい」と感じたら、もっと快適に使うための工夫をしましょう。

 

 

《1. 高さを仕切る》

 

物を積み重ねると下の物が取りにくくなります。かといって、大きな場所に物を1個だけ置いたら、上のほうがムダになるなど、不便ばかりです。物の大きさに対して高さがあまるときは「仕切り棚」を入れて、余さず取りやすくするのが鉄則です。可動式の調節できる棚板があるならこまめに調節をしましょう。ない場合は、市販のラックなどをプラスしてもよいでしょう。

 


 

 

《2. 重い物は引き出す》

 

大きい物、重いものの出し入れは、無理な姿勢に負担が掛かってひと苦労。またその動作が面倒になって、次第に入れっぱなしということにもなりかねません。そんな場所は「スライド」「キャスター」という仕掛けで対処します。スルスル手前に引き出せる仕掛けをつくれば、使いやすさが倍増して収納スペースが活性化します。

 


 

《3.  壁に吊るす・掛ける》

 

ラクに手が届く位置に、物が見やすく並んでいるとすごく便利です。「吊るす」「掛ける」というのは、とても簡単で使いやすい収納テクニックです。使っていない壁面の有効利用にもなります。ただし見た目には気を付けて、吊るしすぎで物がごちゃごちゃしていたら、見た目が悪いし、そうなったら「使いやすい」とはいえません。

 


 

《4. 中を分類して仕切る》

 

収納物はその種類や使用頻度によって種類分け。それも同じ場所にしまうときはタテ・ヨコにしっかり仕切りを入れて「ひと目で見てすぐ取れる状態」にしておきましょう。仕切りを入れるとものに指定席ができ、うっかりなくす失敗もありません。他のものを入れる余地がないから、いつまでもきれいな状態がキープできます。

 


 

《5. 飾る》

 

扉や引き出しに隠してしまうだけが収納ではありません。棚や壁に飾って見せるのも素敵な方法です。コレクションしている食器や道具などは、インテリアに合わせて効果的に飾ってみましょう。素材や色、テイストを統一すると上手くまとまります。失敗がないのは、隠す収納を7、飾る収納を3のバランスといわれています。

 

 

 

 

 


 

 

「仕切る」のが収納の基本テクニック。高さのある家具にはこまめに棚をつけて、引き出しは物に合わせて仕切りを入れます。漫然と使っていては、ゴチャゴチャしてしまいます。

でもやっぱり自分では難しいわ、という方はリフォームして大収納力のあるキッチンやお部屋にしてみませんか?

お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎!ぜひご相談ください。

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住まいに関する疑問・相談はお気軽にどうぞ。アドバイスなども無料でいたします!

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら