山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 内装リフォーム 「室内ドア」もインテリアにあったものを選びましょう

山ちゃんブログ

内装リフォーム 「室内ドア」もインテリアにあったものを選びましょう

2017年05月18日(木)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

室内ドアは際立たせるか、透明感を出すかで二分されます。また、室内ドアにはプライバシーの保護、遮音、空気の循環など、室内環境を調整する役割があります。

 

▲LIXIL(リクシル)の室内ドア「ウッディーライン」 和風×ナチュラルのイメージです。

 

▲LIXIL(リクシル)の室内ドア「ウッディーライン」 和風×スタイリッシュのイメージです。

 

▲LIXIL(リクシル)の室内ドア「ウッディーライン」 洋風×スタイリッシュのイメージです。

 

 


 

▲LIXIL(リクシル)の室内ドア「ウッディーライン」 和風×シックのイメージです。

 

 

開き戸と引き戸とに大別されますが、リビングやダイニングなど人気なのが、半透明の引き戸です。開き戸のように開閉スペースがいらず、引き込み戸にすれば、2つの部屋を一続きにして使うこともできます。

 

引き戸=和室の戸というイメージがありましたが、最近は洋風タイプも数多くあり、違和感なく取り入れることができます。

 

室内ドアを選ぶポイントは、扉の高さです。天井に近ければ近いほど、部屋がのびやかな空間に感じられます。

 

 


 

 

《スクリーンパーテーション》

スリムなアルミのフレームとやわらかい光を通す面材で、明るく開放的な空間を実現できます。仕切っても得られる開放感で、戸を閉めても外からの光を部屋の中心まで届けられます。モダンインテリアにオススメの室内ドアです。

 

 

《引き込み戸》

洋風のお部屋でも引き戸は似合います。洋風のお部屋には開き戸が一般的ですが、引き込み戸でも洋風インテリアに違和感なく溶け込みます。扉の開閉に必要なスペースをとることがない分、空間を有効的に使えるというメリットもあります。

 

 

《障子》

和と洋を仕切れるモダン障子というのもあります。和室は和風モダンに、洋室は和紙から差し込むやさしい光で包まれます。

また障子ではありませんが、似たような雰囲気のスクリーンウォールというのもあります。スクリーンウォールは、つまづく心配のない上吊りタイプの間仕切り戸で、縦横に走る格子が和風だけでなく、モダンやアジアンテイストの室内との相性も抜群でオススメです。

 

 

《ドアに一工夫!のアレンジ》

「壁と同系色のドアをアレンジしたい」と思ったとき、まず思いつくのは何でしょうか。塗装、ドアの取り替えなどでしょうか。簡単な方法として、ドアにアクセサリーをつけるというアイデアもあります。アクセントをプラスするだけで、同じドアとは思えない表情が生まれます。簡単に貼って剥がせる壁紙シートを使ってみたり、リースなどを飾ってもおしゃれです。

 

 

 


 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住まいに関する疑問・相談はお気軽にどうぞ。アドバイスなども無料でいたします!

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎!ぜひご相談ください。

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら