山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 戸建住宅、冬の寒さを防ぐかんたん裏ワザ

山ちゃんブログ

戸建住宅、冬の寒さを防ぐかんたん裏ワザ

2017年09月20日(水)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!

松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

 

 

暖房をつけていても、部屋の中がなんだか寒いということはありませんか?

手軽にできる寒さ対策として、カーテンを見直してみませんか?

 

 

《カーテンで断熱 お部屋を暖かく!》

 

窓から逃げる熱をカーテンで防ぐ

 

暖房があっても寒い部屋の大きな原因は、窓ガラスにあります。せっかく温めた空気が、窓のガラス面で冷やされてしまうからです。

一枚ガラスの窓からは、室内の熱の約半分が逃げていきます。窓から逃げる熱を防ぐ手軽な方法として、カーテンを見直してみませんか?

 

 

▲こちらはLIXIL(リクシル)のオーダーカーテン、ブランシェDX。自分好みの、窓辺にぴったりフィットするカーテンが作れますよ。

 

 

《3枚重ねて保温性をさらにアップ》

 

カーテンは一枚あるだけで、窓辺の寒さをやわらげます。縫製や吊り方の工夫で、保温効果をぐっと高めることもできます。

 

窓のまわりに、空気の層をできるだけ多く作ればよいのです。1枚のカーテンよりも、2枚重ねにするか裏地を付けると部屋が暖まります。

さらにカーテンを表、真ん中、裏の生地と3枚重ねにすると、2つの空気層が生まれ、温かい空気をため込むことができます。

 

 

3枚重ねのカーテンは市販のものが販売されていますし、好きなものを組み合わせてもよいですね。

 

 

 


 

 

 

《長めのカーテンで、冷気の侵入を防ぐ!》

 

冷気の侵入を防ぐには、カーテンの長さも大切なポイントです。

通常、カーテンは窓の下から15〜20cmくらいが理想の長さとされています。大人の腰の高さくらいまでの腰高窓でも、あえて床下までの長さのカーテンにすれば、冷気が入り込みにくくなり、保温性がアップします。

 

上部にもボックスと呼ばれる布地を別につければさらに暖かくなります。

 

 

寒さが厳しくなる前に、今から対策をしておくと余裕をもって冬の到来を迎えられますよ。

 

 

 


 

地元松戸で創業20年。当店は外壁塗装専門店から始まったリフォーム専門店です。

お住まいのリフォームを検討されている方、ぜひご相談ください。

 

 

その他全面改装や増改築リフォームも、当店の一級建築士が生活動線や間取りを考慮した最適なプランをご提案いたします。

お電話は、プロタイムズ松戸店・鎌ヶ谷店(➿0120-023-430)までどうぞ。

 

 

▲写真は鎌ヶ谷店です。相談しやすい雰囲気を心がけている、明るく清潔な店舗です。お気軽にご来店ください。一級建築士にご相談もできますよ。(鎌ヶ谷市東初富4-5-54)

 

▲こちらはプロタイムズ松戸店です。(松戸市牧の原にございます。)

 

 


 

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住いの冷暖房、空調設備にお悩みでしたらぜひご相談ください。お住まいに関する疑問・相談もお気軽にどうぞ。

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎です。

 

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら