山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 伝道熱と輻射熱で部屋を心地よく暖める「床暖房」

山ちゃんブログ

伝道熱と輻射熱で部屋を心地よく暖める「床暖房」

2017年11月09日(木)

壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!

松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

 

冬でもぽかぽかでくつろげるお部屋にリフォームしませんか?

 

穏やかな暖かさの床暖房

 

 

暖房器具を使っていて、足元が寒い、乾燥する、部屋全体が暖まらないと感じたことはありませんか?床暖房なら、足元から、部屋全体をムラなく暖めることができますよ!

 

 


 

 

《やわらかい暖かさの床暖房》

 

部屋を暖める道具にはファンヒーターやストーブ、エアコンなどがあります。床暖房ならやわらかい暖かさを感じることができ、なおかつ部屋の乾燥が気になりません。

床暖房は、床から直接伝わる熱(伝道熱)と床から部屋全体に広がる熱(輻射熱)の組み合わせで温めます。

 

ファンヒーターのように高温に熱した空気の流れ(対流熱)で暖める暖房機器とは暖め方が違うのです。

 

 


床暖房には、「電気式」と「温水式」があります。


 

 

《工事が簡単で部分暖房が得意な電気式》

 

電気式は床材の下にヒーターを組み込み、これに電気を通して温めます。パネルを敷くだけなので、工事が簡単です。

最近は床材と一体化したタイプも販売されているため初期費用を抑えることができます。

 

 

ただし、ランニングコストは高めなので部分的な暖房に適しています。

 

 


 

 

 

《ランニングコストが抑えられる温水式》

 

温水式はガスや電気でつくった温水を、温水パネルの配管に通して床下から暖めます。

電気式と比べ以前は設置に手間がかかりましたが、近年は最短一日で施工できるタイプもあります。

 

 

温水式は、立ち上げてから短時間で温まるため、ランニングコストを抑えることができます。

 

 

電気式、温水式のどちらのタイプがご自身の生活スタイルやコストに見合うのか、よく検討して導入しましょう。

 

 


 

 

 

《電気式と温水式の違い》

 
電気式 比較ポイント 温水式
やや遅め 立ち上がり時間 早い
安い 初期費用 やや高め
やや割高 ランニングコスト 安い
ややムラがある 温まり方 均一
可能 部分的な設置 やや不向き

 

 


 

 

地元松戸で創業20年。当店は外壁塗装専門店から始まったリフォーム専門店です。

お住まいのリフォームを検討されている方、ぜひご相談ください。

 

 

その他全面改装や増改築リフォームも、当店の一級建築士が生活動線や間取りを考慮した最適なプランをご提案いたします。

お電話は、プロタイムズ松戸店・鎌ヶ谷店(➿0120-023-430)までどうぞ。

 

 

▲写真は鎌ヶ谷店です。相談しやすい雰囲気を心がけている、明るく清潔な店舗です。お気軽にご来店ください。一級建築士にご相談もできますよ。(鎌ヶ谷市東初富4-5-54)

 

▲こちらはプロタイムズ松戸店です。(松戸市牧の原にございます。)

 

 


 

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住いの冷暖房、空調設備にお悩みでしたらぜひご相談ください。お住まいに関する疑問・相談もお気軽にどうぞ。

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎です。

 

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら