山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > トイレ・浴室・洗面台、水まわりのイマドキ主流は…

山ちゃんブログ

トイレ・浴室・洗面台、水まわりのイマドキ主流は…

2018年08月24日(金)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!

松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

 

皆さま、こんにちは。今日は風が強いですね。出勤時歩くのもちょっと大変なほどでした。

 

さて、本日はトイレ・浴室・洗面台の機能や、費用について少々。当店はリフォーム店ですが、水まわり商品のお問い合わせはとても多いです。費用やデザインの他、使い勝手などの機能面も気になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

《水道代を大幅に節約できる!家計にやさしい「節水トイレ」》

 

 

最近はトイレの節水化が進み、一回あたりの洗浄水量がぐんと減っています。

 

 

現在、多くの家庭に普及しているトイレの一回あたりの洗浄水量は10〜13リットル程度ですが、最新の節水トイレは、洗浄水量が5リットル前後のものが主流です。

なかには小洗浄で3リットルのものも登場しています。

 

 

例えば、洗浄水量が13リットルの古いトイレを5リットルの節水トイレに替えれば、約70%もの節水になります。

4人家族の場合なら、一年間で5万リットル以上もの節水に!

 

 

これは一般的な浴槽の200杯以上、水道代にすると1万4000円以上の節約になります。

 

 

 

これから新築してトイレをつける方、また古いトイレをリフォームしようとお考えの方、ぜひトイレの洗浄水量にも注目してご検討ください。

 

 

 

 


 

 

 

 

《トイレノズルは、いつも清潔がいい!》

 

 

一般家庭にもすっかり定着してきた温水洗浄便座ですが、ノズル部分は、掃除がしにくく、きれいに使えているのか心配に思うこともあります。

 

 

新しい洗浄便座には、ノズルを清潔に保つためのさまざまな工夫があります。使用前後にノズルを自動で洗浄する機能は、すでに多くの機種に導入されています。

これにより汚れが付着しにくくなりました。なかには、除菌水でノズルの内側・外側を除菌・洗浄するものもあります。

 

 

防汚加工を施した素材や、ステンレスでできたノズルもあります。汚れがつきにくい素材なら、掃除もしやすく、いつでもきれいに使えます。

 

 

使用時以外はシャッターの奥にノズルを隠しておけるものもあり、ホコリや尿の飛び散りなどの汚れからノズルを守ってくれます。

 

 

清潔な洗浄ノズルなら、安心して気分良く使えますね。

 

 

 

 


 

 

 

 

《継ぎ目のない便座なら、お掃除もラクラク♪》

 

 

 

汚れがたまりやすい便座の継ぎ目は、トイレ掃除の厄介なところでした。面倒な継ぎ目をなくした便座なら、サッとひと拭きするだけでキレイになりますよ。

 

 

一見キレイに見える便座なのに、裏返すと継ぎ目に汚れがたまり黒ずんでいる、ということはありませんか?

継ぎ目の汚れは、細いブラシなどでこすらないと落ちにくく、掃除に手間がかかっていました。

 

 

そんな厄介な継ぎ目をなくした便座があります。お掃除はとっても簡単。汚れが入り込む場所がないので、ブラシでこする必要もなく、日常のお掃除はサッと一拭きするだけです。

 

 

さらに、便座の裏は防汚素材を使用しているため、汚れ自体がつきにくくなっています。

 

 

これなら、負担なくトイレがピカピカになりそうですね。簡単なお手入れで清潔が保てる、継ぎ目のない便座は忙しい人や家事に追われる方の味方になってくれそうです。

 

 

 


 

 

 

《ベンチ付きのユニットバスなら、楽に入浴できます!》

 

 

いったん腰を掛けてから入浴できるので安全

お風呂でバランスを崩すと危険!

 

 

一日の疲れを癒してくれるバスタイム。しかし年齢を重ねてくると湯船に浸かるときに、体がふらついて入りづらい、なんてことはありませんか?

 

 

最近の浴槽は、またぎやすい高さになっていますが、それでも片足を上げてから入らないといけないので、その際にバランスを崩しがちです。

 

 

 

 

ベンチがあると楽に入浴できる♪

 

 

そこで登場したのが、浴槽の横に座るスペース(ベンチ)のついたユニットバス。浴槽のフタに座れるものもあります。これなら、いったん腰掛けてから入浴できるので安心です。

 

手すりがあると、立ったり座ったりするときにつかまることができて、さらに安全。

快適な入浴を楽しむために、お風呂の安全性を考えてみませんか。

 

 

 

 


 

 

 

 

《気になる…洗面リフォームの費用は?!》

 

 

中心価格は20〜30万円

洗面台のリフォームにかかる費用の目安は、工事費を含めて10〜40万円です。平均的な費用は20〜30万円です。

 

 

リフォーム費用は交換する洗面台のグレードによって異なります。基本機能を備えたシンプルなタイプなら10〜15万円、標準的なタイプなら15〜25万円、機能やオプションが充実したハイグレードの洗面台に交換する場合は20万円以上が目安です。

 

 

 

いずれも洗面台の間口が大きくなるほど商品価格も高くなります。

洗面台の交換に加えて、床材や壁紙を取り替える場合は、5万円〜が目安です。

 

 

 


 

 

地元松戸で創業20年。当店は外壁塗装専門店から始まったリフォーム専門店(一級建築士事務所)です。

お住まいのリフォームを検討されている方、ぜひご相談ください。

 

 

その他全面改装や増改築リフォームも、当店の一級建築士が生活動線や間取りを考慮した最適なプランをご提案いたします。

お電話は、プロタイムズ松戸店・鎌ヶ谷店(➿0120-023-430)までどうぞ。

 

 

▲写真は鎌ヶ谷店です。相談しやすい雰囲気の明るく清潔な店舗です。お気軽にご来店ください。一級建築士(澤口)にご相談もお気軽に!(鎌ヶ谷市東初富4-5-54)

 

▲こちらはプロタイムズ松戸店です。(松戸市牧の原にございます。)

 

 


 

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住いの冷暖房、空調設備にお悩みでしたらぜひご相談ください。お住まいに関する疑問・相談もお気軽にどうぞ。

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎です。

 

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら