山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 気をつけて!屋根外壁塗装の見積もり「坪数」の罠!

山ちゃんブログ

気をつけて!屋根外壁塗装の見積もり「坪数」の罠!

2021年03月05日(金)

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

千葉県松戸市の屋根外壁塗装・水廻り内装リフォーム専門店のヤマモトホールディングス(プロタイムズ松戸店)です。

 

本日は、屋根・外壁塗装の見積書をもらったら、ぜひ確認していただきたい「塗装面積」についてお話したいと思います。

 

 

見積書には、どれくらいの広さを塗装するかを示す塗装面積と呼ばれる項目が記載されているはずです。

この塗装面積も、業者の良し悪しを判断する一つの指標となります。

 

 

なぜ塗装面積に注目するのか不思議に思われるかもしれませんが、塗装面積は購入する塗料の量を決める根拠となるため、見積もり額に大いに影響を与える項目なのです。

 

塗装面積が広ければ広いほど、購入する塗料も増える、というイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

 

確認したいポイントは、塗装面積が坪数ではなく、「㎡」単位になっているかどうかです。

 

もしも「坪数」表記になっているという場合には注意が必要です。

 

 

具体的な例で考えてみましょう。こちらは住まいを上から見た図です。

▲記載の見積もり金額は、坪数単位をもとに算出しています。

Aの住まいは40坪で40万円、Bの住まいは35坪で35万円という見積額となっています。

 

一見すると妥当な金額のようにも見えるのですが、実際にはこの見積額は間違っています。

 

 

▲AとB、実は塗装面積は同じことがわかります。

 

 

その理由は図を見ると一目瞭然です。Aの住まいの外壁の部分をスライドさせればBの塗装面積と同じになります。

 

 

実はAの住まいと、Bの住まいは外壁の広さは同じ。

つまり、塗装面積は同じなのです。

 

 

なんとなく住まいを見ると、Aの住まいの方が大きいために塗装面積も広くなると思いがちですが、それは誤りです。

 

 

Aの住まいと、Bの住まいは坪数は違っているものの、塗装面積が同じであるため、見積額も同じとなるはずなのです。

 

 

 

そもそも外壁塗装は、「外壁を塗る」わけですから、坪数をもとに正しい見積額を算出できるわけがない、というのは当然とも言えます。

見積書の塗装面積は「㎡」で記載されているか、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

↓当店の見積書は「㎡」で塗装面積を記載しています。他の業者にもらった見積もり、本当に妥当なものなのかお知りになりたい方は無料の現場調査、見積もりをご利用ください。

 

 

 

塗装のベストシーズンともいわれる春に向けて、塗装をご検討の皆さま、当店では3月31日までに屋根外壁塗装のお見積もり依頼をすると、クオカード2000円プレゼントております。

ご希望の方にはカラーシミュレーションも無料でいたします。

 

この機会をお見逃しなく。他社との相見積もりも大歓迎でございます!

 

お問い合わせ、お待ちしております。

 

 


 

 

 

松戸市・鎌ケ谷市、そのお近くのエリア(流山市・柏市・白井市・船橋市など)にお住いの皆さまへ

 

 

当店は地元松戸で創業20年以上、外壁塗装専門店から始まったリフォーム専門店(一級建築士事務所)です。

 

 

家の「屋根・外壁塗装」、キッチン・バスルーム・トイレ・洗面などの水廻りリフォームをはじめ内装リフォーム全般、承っております。

 

増改築や、間取り変更などのリノベーションも安心してお任せいただけます。

 

 

こちらはヤマモトホールディングスのリフォーム事業部、プロタイムズ松戸店!

 

《当店の新型コロナ感染症対策はコチラ!》

《店内の様子はコチラ!》

 

 

当店ではコロナウイルス感染症対策として、ご来店いただかなくても商談・打ち合わせが可能なzoomでのやり取りもしております。やり方なども丁寧にお教えいたします。

 

お気軽にお電話くださいね。

 

お電話は、プロタイムズ松戸店(➿0120-023-430)までどうぞ。

 

お電話が苦手な方は、下記ボタンより問い合わせフォームでご相談ください。

 

 

《松戸市の外壁塗装の施工事例はこちら》

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 水曜・第一日曜定休

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら