山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > わかりやすい外壁塗装の基礎講座 Part.2 「外壁材の種類」

山ちゃんブログ

わかりやすい外壁塗装の基礎講座 Part.2 「外壁材の種類」

2021年09月14日(火)

皆様、お元気ですか?松戸市の外壁塗装専門店ヤマモトホールディングスの小林です。

本日は皆様が比較的目につきやすい【外壁材の種類】をご紹介したいと思います!

▲6月入社の小林です!

 

6月当初の私は、外壁材の種類など1ミリもわかりませんでした。

 

聞いたことのない建材、ほぼ同じに見える壁…

 

 

おそらく皆様も私と同じではないでしょうか?
ご自分のお家の建材まですぐに答えられる方は少ないと思います。

 

 

自宅の建材を把握して、どんな部分の劣化状態を見たらいいのかをわかっているだけで、手の入れ方やメンテナンス時期の判断がしやすくなり、お家への不安も少なくなりますよ。

 

ぜひご参考までに、皆様のお家の壁はどの建材か見比べながら読んでみてくださいね。

 

 

では、主要の建材のみ詳細に紹介していきたいと思います!

 

 


 

 

【窯業系サイディングボード】

 

 

前回の外装基礎講座にもチラッと登場しましたね!

 

 

内容成分が80%セメント、20%が繊維質・増量材でできております。

 

 

厚みは一般的には14㎜~18㎜が主流です。

 

 

デザインのバリエーションが多く、工場で生産されている為安定した品質でコストパフォーマンスの良いので多く使用されています。

 

 

現在は日本の約80%がこの外壁材といわれており、安全性も高いです!

 

特徴としては、軽量で耐震性に優れており、耐火性もあります。

 

 

目地と呼ばれる継ぎ目部分や、窓回りなどの開口部はシーリング材で防水されていますが、新築時のシーリング材自体の寿命は7年程度と言われています。

 

 

内容成分がほぼセメントなので水に弱く、塗装をすることで防水をしています。

 

 

◆考えられる劣化
・シーリングの劣化(シーリングの痩せや、割れ)
水が回ってしまったことによるサイディングボードの反りや塗膜の膨れ
・チョーキング現象
・クラック(ヒビ割れ)

 

▲シーリングの劣化

 

▲サイディングボードの反り

 

 

耐用年数は20年~30年程で、メンテナンス時期は7年~10年くらい目安ですと大きな劣化になる前に手を入れることができるのでおすすめです!

(色のつかないクリア塗装をお考えの方は、ヒビ割れなどの症状が出る前、7~8年以内に塗るのが望ましいです!)

 

 


 

 

【金属系サイディングボード】

 

 

合板やアルミなど金属の鋼板を使用しており、厚みは14㎜~18㎜程度で、中でも15㎜が多いです。

 

 

特徴としては、窯業系サイディングよりもさらに軽量で耐震性、断熱性、耐久性もあり、凍害にも強いです。

錆が発生すると広がってしまうので要注意です。

 

 

衝撃と熱に弱く、錆やすいので南国などの暑い地域や、潮風の吹く海の近くには比較的向いておりません。

 

 

 

◆考えられる劣化
・錆の発生
・錆による痛み、穴開き
・シーリングの劣化(シーリングの痩せや、割れ)
・役物(角の部分についている部材)の劣化

 

▲役物(角の部分についている部材)の劣化

 

 

耐用年数は30年~40年程度で、メンテナンス時期は10年程度です。

塗装する際は金属用に向いている防錆塗装をしていきます。

 

 

 


 

 

【モルタル外壁】

 

 

 

セメントと細骨材といわれる砂を1:3の割合で水と練り交ぜて作った材料を使用しています。

 

 

左官などが代表的な、湿式工法で施工されています。厚みは20㎜前後です。

 

 

特徴としては、サイディングボードなどのように目地(継ぎ目)がなく、一面体の構造です。

 

 

地震などの揺れに追従できないので、特に出隅(お家の外壁の角部分)窓などの開口部でクラックと呼ばれるヒビ割れが起きやすいです

 

 

一面体によるメリットとして、シーリングからの劣化の心配も少なく、非常に耐久性のある強い建材です!

 

 

耐火性、耐久性に優れており、蓄熱性(熱を溜める)が他の建材よりも低いことが挙げられます。

 

 

 

昔からある建材ですが、最近はジョリパッドというデザイン性の高い仕上げのパターンもあるので、昔ながらの雰囲気やオシャレな雰囲気を出すのにも向いています。

 

 

▲ジョリパッド仕上げ

 

 

◆考えられる劣化
・チョーキング現象
・クラック(ヒビ割れ)
・水が回ってしまったことによる塗膜の膨れ
・ピンホール
・藻や苔の発生

 

▲クラック(ヒビ割れ)

 

▲チョーキング現象

 

 

耐用年数は30年程度で、メンテナンス目安は新築から10年程度です。
チョーキングの現象が発生したらメンテナンスのサインですので、お家の外壁をたまに触って確認してみてくださいね!

 


 

 

【ALC外壁】

 

 

別名、軽量気泡コンクリートとも呼ばれています!

 

 

セメント、生石灰、けい石、発泡剤で出来ており工場で作られたものを現場で組み立てます。

 

 

スウェーデン発祥の建材で、気泡などの空隙部分が全容量の80%を占め、比重0.5ととっても軽いです。

 

 

イメージ的には軽石(気泡のような小さな穴がある石)、かかとのお手入れ用の石のような素材と言ったらわかりやすいでしょうか・・・

 

 

厚みは一般住宅だと37㎜,50㎜が多く使用されています。比較的コストは高いです。

 

特徴としては、遮音性、保温性、耐火性に優れており、軽い建材なので耐震性も高い建材です。

 

 

私個人としては実際に点検に行く回数も少なく、非常に良い建材だと思います!!
セメント成分と気泡なので吸水性が高いので、防水処理をしっかり行うことが重要です!

 

 

◆考えられる劣化
・シーリングの劣化(シーリングの痩せや、割れ)
・クラック(ヒビ割れ)
・藻や苔の発生
・水が回ってしまったことによる塗膜の膨れ

 

▲シーリングの劣化

 

 

▲塗膜の膨れ

 

 

耐用年数は50年~60年程度、メンテナンス目安は10年~15年程度です。
メンテナンスの時、特に注意するのはシーリングの打ち方です!

 

 

サイディングボードのシーリングは、一度既存のシーリングを取り除いてから新たにシーリングを打っていく、打ち替えという工法で行います。

 

 

それに比べて、ALCのシーリングは既存のシーリングの上から新たなシーリングを打っていく、増し打ちという工法で行います。

 

 

なぜならALCの場合は、シーリングを取り除こうとすると、壁を傷めてしまう可能性があるのです。
シーリングについては、また別ブログで詳しくお話したいと思います!

 

 

 

 

さて、いかがでしたか?少しは外壁について興味が沸いたでしょうか??

 

 

皆様のお家の壁はそんな素材で、いつ頃に点検・メンテナンスが必要か、ぜひ確認してみてください!
お家の寿命を延ばせる可能性が上がりますよ☆彡

 

 

では、次回も一緒に勉強していきましょう!!

 




 

《過去の記事一覧》

●わかりやすい外壁塗装の基礎講座Part.1《塗装とはなぜするのか》

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 水曜・第一日曜定休

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら