キャンペーン・イベント情報

ヤマモトホールディングスHOME > キャンペーン・イベント情報 > 外壁塗装パック料金3つの罠

キャンペーン・イベント情報

外壁塗装パック料金3つの罠

 

以前は私たちも、標準的な2階建住宅で「外壁塗装00万円」という定額パックをホームページ上にのせていました。

当時、このような定額パック表記はわかりやすいとお客様から大変好評をいただき、お問い合わせは増えていきました。

 

ところが…

 

定額パックを打ち出す業者は、日を追うにつれ、次第に増えていきました。中にはその定額パックでは実際に塗装できないと知りつつ、客寄せパンダ的にキャンペーンを打ち出す業者や、定額パックの安い価格で手を抜いた塗装をする業者も…。

 

そのような業者に施工してもらった結果、適切な工事が施されなかったために塗料が長持ちしなかったり、必要な工程を省いたり、お客様が不利益を被ることになってしまったケースも多くあったのです。

 

このような状況でパック料金を打ち出し続けることに、私たちは次第に違和感を抱いていきました。

 

よくある「外壁塗装00万円」と表記されている中に、通常塗装工事で発生する足場代・付帯部の塗装・洗浄・廃材処理費などが含まれているかチェックしてみてください。

パック料金を打ち出している業者に問い合わせても、そのパック料金でそのまま塗装工事になることはまずありません。

安く見せるための策なのです。

 

そして、そういったリフォーム業者の出す見積もりには、素人目には見抜くことができない罠を仕込んで、あたかも見積書の内容が、お客様のお住まいにとって適正であるかのように見せかけているところもあります。

 

同業者ならまだしも、これをお客様自身で見抜くことはとても困難です。

 

私たちは塗装を専門とする業者として、適正な価格で最適な工事を実施してくれる業者とはどういった業者か、見積もり書の罠を明らかにし、優良な企業を選ぶ基準をお伝えしたいと思います。

 

①「㎡数」の罠

見積書に記載の㎡数、あなたの住まいは㎡数になっていますか?

そしてそれは、正確な塗装面積でしょうか?

また、坪数で見積もりを出してくる業者には要注意です。

 

例えば下記の図を見てください。坪数で見積もり金額が違います。

坪数が違うから金額も違って当然でしょうか。

しかし…

図のような場合、塗装面積を正確に出していたなら見積もり金額は同じはずです。

また、建物の㎡数が同じでも、窓がいくつあるかや、窓の大きさ、ベランダの大きさなどによっても実際の塗装面積は変わってきます。

 

これだけでも、「坪数で00万円」「㎡数で00万円」、といった定額パックがいかにあやふやなものであるのかがわかります。

 

大事なのは、ご自宅の塗装面積を正確に知ることなのです。

 

 

②「〜回塗り」の罠

塗る回数が多い業者が良い業者ではありません。塗料というのは、本来持っている性能を発揮するための塗膜の厚さがメーカーによって決められています。

1回に塗る塗料の量を減らして、うすーく塗って4回塗りとしてしまう業者がいますが、実質1回塗りと変わりません。

 

ではどうすればよいか?

 

使用する塗料の「缶数」を見ればよいのです。見積もり時にきちんと缶数を確かめておくことで業者を見極める材料になります。

 

③「塗料」の罠

低価格の定額パックの場合、多くはシリコン塗料であるケースがほとんどですが、一口にシリコン塗料といってもさまざまな種類があり、耐久性にも大きく差があります。

 

業者が2液型の塗料を使うようであれば、職人が量りを持っているか、必ず確認するようにしましょう。

 

2液型の塗料は、主剤と硬化剤を混ぜ、その上でシンナーで薄めて使用する塗料のことをいいます。

 

本来ならば量りを使ってその都度正確に配合しなければならないのです。

 

塗装の価格は現場調査なしに出せません

外壁塗装をするときは、まずはあと何年もたせたいのか?

目的をハッキリさせましょう。

本当に最適な工事をするために大切なのは、「あと何年もたせないのか?」ここをハッキリさせることです。

建物を風雨から「防水」することがメンテナンス本来の目的です。

住まいのメンテナンス方法は塗装だけではありません。住まいの状態が塗装では済まないほど痛んでしまっていたり、今後20〜30年同じ家に住み続けたい場合など、塗装が最適なメンテナンス方法ではないケースもあるのです。

 

一つ一つ正しい知識と判断基準を身につけていただければ、お客さまご自身の力で優良な業者を選ぶことも勿論可能ですが、当店では一度専門の資格を持ったプロに住まいを診断(現場調査)してもらうことをおすすめします。

 

あと何年もたせたいのか?そのために、お客さまの住まいの現状を正しく把握し、最適なメンテナンス方法が何なのか判断できる業者に頼むことが、見積もり書の額面に惑わされず、外壁塗装リフォームで後悔しない最善の方法なのです。

 

▼正確な塗装面積がわかります。現場調査のご依頼はこちら▼

※現場調査は無料です。

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 水曜・第一日曜定休

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら