施工事例

ヤマモトホールディングスHOME > 施工事例 > 柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事

施工事例

柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事

柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事

柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事施工前写真
柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事施工後写真

物件データ

施工内容 高耐久シリコンプラン
外壁塗装 エスケープレミアムシリコン(1階色:ミストグリーン、2階色:ブロークンホワイト)
屋根塗装 屋根重ね葺き工事(LIXILのTルーフモダン、色:チャコール)
工期 約1ヶ月
担当 奈良 勇気
工事費(総額) 約295万円

お問い合わせ

建物診断

苔・藻が繁殖しています。含水による屋根材自身の劣化、また野地板の腐朽の原因に繋がります。

苔・藻が繁殖しています。含水による屋根材自身の劣化、また野地板の腐朽の原因に繋がります。

板金部においては、色あせ・コーキングの劣化のほか、固定用の釘が浮いてきているのがわかります。打ち込み直しや、釘頭のコーキング処理を行っておくと安心です。

板金部においては、色あせ・コーキングの劣化のほか、固定用の釘が浮いてきているのがわかります。打ち込み直しや、釘頭のコーキング処理を行っておくと安心です。

瓦断面にひび割れが発生しています。ノンアスベストの瓦に見られる、ミルフィーユ状の層間剥離が発生しています。強風で破片が飛び散る可能性があるだけではなく、躯体への浸水の一因となります。

瓦断面にひび割れが発生しています。ノンアスベストの瓦に見られる、ミルフィーユ状の層間剥離が発生しています。強風で破片が飛び散る可能性があるだけではなく、躯体への浸水の一因となります。

ひび割れが発生しています。水分を含んだ瓦が膨張・収縮を繰り返していることが原因と考えられます。

ひび割れが発生しています。水分を含んだ瓦が膨張・収縮を繰り返していることが原因と考えられます。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水効果の弱い基材が湿気を含み、藻やカビが発生している状態です。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水効果の弱い基材が湿気を含み、藻やカビが発生している状態です。

経年劣化によりシーリングが硬化し、ひび割れが見られます。水分が進入する可能性があります。

経年劣化によりシーリングが硬化し、ひび割れが見られます。水分が進入する可能性があります。

ベランダの床材(FPR)の表面が一部ひび割れを起こしています。今すぐ漏水するような状況ではありませんが、近いうちに防水工事が必要な状態です。

ベランダの床材(FPR)の表面が一部ひび割れを起こしています。今すぐ漏水するような状況ではありませんが、近いうちに防水工事が必要な状態です。

こちらは外装リフォーム図面です。正確な塗装面積を出し、適正な価格でお見積書をお渡しいたします。(無料)

こちらは外装リフォーム図面です。正確な塗装面積を出し、適正な価格でお見積書をお渡しいたします。(無料)

《外壁》
外壁仕上げ材は、窯業系サイディングでした。サイディングは工期短縮や施工性の良さ、デザイン性の良さから多くの住宅で使用されている素材で、現在の日本の外壁の80%が窯業系サイディングと言われています。

注意点としては、主成分がセメントのため、防水性が切れると水がボード内に染み込み、夏場の暑い日の膨張、冬場の凍結による膨張などで、変形やそり、ひび割れを誘発してしまう可能性があります。
新築で建てた家のサイディングは工場で製造時にアクリル塗装された状態で出荷されるので、5~7年で防水性が切れます。そのため、防水性を保つために定期的な塗装が必要になります。

また、サイディングの継ぎ目やサッシの周りにはシーリング材で防水されています。シーリング材が、破れたりすると劣化を早める要因となります。


《屋根》
薄型スレート瓦(抄造法)でした。
抄造法で製造されている瓦は、ミルフィーユの様に何枚もの層を重ねて製造されているため、水を吸い込み、冬場の凍結等で爆裂し、層と層が分裂していきます。

代表的な商品として、ニチハ製造のパミールがあります。パミールは1996年~2008年に製造された屋根材となります。
この屋根材は、一度剥がれ始めると、塗装を行っても、また屋根材自体が剥離してしまいますので、塗装を行うことはできません。
そのためパミールの場合は、カバー工法を行うことになります。

施工中の様子

屋根は重ね葺き工事をします。使用するのはLIXIL(リクシル)のTルーフモダンです。写真は、谷樋取付けをしています。※谷樋とは、2方向の屋根がぶつかる部分に取り付けられたものです。

屋根は重ね葺き工事をします。使用するのはLIXIL(リクシル)のTルーフモダンです。写真は、谷樋取付けをしています。※谷樋とは、2方向の屋根がぶつかる部分に取り付けられたものです。

屋根にTルーフモダンを取り付け終わったお写真です。色は、チャコールとなります。

屋根にTルーフモダンを取り付け終わったお写真です。色は、チャコールとなります。

別角度からの屋根重ね葺き工事、完了時のお写真です。

別角度からの屋根重ね葺き工事、完了時のお写真です。

足場を組み、メッシュシートをかぶせています。工事中の全景写真となります。

足場を組み、メッシュシートをかぶせています。工事中の全景写真となります。

こちらは外壁、塗装前に壁をキレイにします。写真は、洗浄剤を塗布しているところです。

こちらは外壁、塗装前に壁をキレイにします。写真は、洗浄剤を塗布しているところです。

洗浄剤を塗布後、高圧洗浄機をかけます。汚れをキレイに落としてから、塗装に入ります。

洗浄剤を塗布後、高圧洗浄機をかけます。汚れをキレイに落としてから、塗装に入ります。

外壁、下塗り中のお写真です。

外壁、下塗り中のお写真です。

外壁、中塗り中のお写真です。

外壁、中塗り中のお写真です。

こちらも外壁、中塗り中のお写真です。

こちらも外壁、中塗り中のお写真です。

こちらは雨樋です。塗装前のケレン作業をしています。付着物を取り除き、塗料のつきを良くするために行う作業です。

こちらは雨樋です。塗装前のケレン作業をしています。付着物を取り除き、塗料のつきを良くするために行う作業です。

雨樋のケレン作業後、下塗り、上塗りをしていきます。写真は上塗り中のお写真です。

雨樋のケレン作業後、下塗り、上塗りをしていきます。写真は上塗り中のお写真です。

こちらは幕板、上塗り中のお写真です。幕板も塗装前にケレンをいたします。

こちらは幕板、上塗り中のお写真です。幕板も塗装前にケレンをいたします。

ベランダです。ケレン作業をしています。

ベランダです。ケレン作業をしています。

ベランダ、アセトン拭きをしています。油膜を取り除きます。

ベランダ、アセトン拭きをしています。油膜を取り除きます。

ベランダ、プライマーを塗布しています。

ベランダ、プライマーを塗布しています。

ベランダ、樹脂を塗布しています。

ベランダ、樹脂を塗布しています。

ベランダ、弾性トップを塗布しています。

ベランダ、弾性トップを塗布しています。

ベランダ、塗装完了です。(FRP防水)

ベランダ、塗装完了です。(FRP防水)

外壁のお色は、今回ツートンカラーとなります。1階はミストグリーンというお色、2階はブロークンホワイトというお色で塗装しました。
破風板、鼻隠し、雨樋、シャッターボックス、水切り、幕板などはチャコールというお色です。

塗装前、お色に悩まれる方には、カラーシミュレーションがおすすめです。
塗装前の建物のお写真を専用のソフトで加工し、塗装してみたいお色でシミュレーションできます。(https://matsudo-paint.com/campaign/2020/10/20/11682/)

Before → After

柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事施工前写真1
柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事施工後写真1

担当者よりメッセージ

柏市高柳 I 様邸 外壁塗装工事
奈良 勇気

この度は弊社で塗装工事をしていただきまして誠にありがとうございました。弊社では、屋根・外壁塗装のほか、水廻りを含む内装リフォーム全般を承っております。お住まいに関しますこと何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 水曜・第一日曜定休

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら