山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 工事するまえに知っておきたい屋根や外壁の塗装、リフォーム注意事項とは。

山ちゃんブログ

工事するまえに知っておきたい屋根や外壁の塗装、リフォーム注意事項とは。

2016年11月11日(金)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら東葛地区No.1
松戸市・柏市・流山市・船橋市・我孫子市・市川市・野田市・鎌ヶ谷市・
白井市・印西市・葛飾区の施工はプロタイムズ松戸、柏、鎌ヶ谷店に
お任せください。ヤマモトホールディングスです!

 

本日は屋根材の選び方についてです。荷重やデザイン性、耐久性などを考慮する必要があります。

 

cottage-768889_960_720

 

粘土瓦は古くから用いられています。塗装製品ではないので色落ちはしません。しかし、下地が劣化すれば、葺き替えなければいけない場合も出てきます。その際は、素材の選択が自由なので、荷重やデザイン性、耐久性などを考慮して選びましょう。

 

化粧スレートや金属系のガルバリウム鋼板は塗装製品なので、美観が損なわれれば再塗装が必要な場合があります。また、平らな形状なので、重ね葺きもできます。その場合は、屋根材が二重になるので荷重を考慮した素材の選択をしましょう。

 


 

気になる《費用の例》

ズバリ、塗り替えが最も安く、葺き替えが最も高いです。

屋根リフォームは「塗り替え」→「重ね葺き」→「葺き替え」の順で高くなります。塗り替えや重ね葺きは屋根の表面のみをキレイにするのが目的ですが、葺き替えは下地からやり直すので、かなり劣化している場合は、構造が補強されるので安心です。重ね葺き、葺き替えは屋根材そのものを一新できるという塗り替えにはないメリットがあります。

 


例えば、標準的な化粧スレートに葺き替える場合の費用例…

標準的な延床面積120㎡、切妻屋根の葺き替えを行った場合の費用は約70万円。同じ規模で重ね葺きの場合は約65万円です。塗装の場合は約25万円です。いずれも足場工事は別途かかってしまうので、外壁工事と同時に行うと効率が良いです。

《金額に含む内容》材料費(化粧スレート)、葺き替えに要する工事費(足場工事、解体撤去処分費は別途)


 

 

 

弊社はもともと外壁塗装や屋根塗装からスタートいたしました。実績も豊富ですので、まずは現場調査、お見積もりをお試しください。また、リビングや居室の内装、バスルームやトイレ、キッチンを含めた水廻りリフォーム・増改築、全面改修など大型の工事、また修理・修繕なども承っております。

リフォームは、施工実績が豊富なヤマモトホールディングスにご相談を。

現場調査からお見積りまで無料です。お問い合わせは

フリーダイヤル:0120-023-430

http://matsudo-paint.com

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら