山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > バスルームやサニタリーをリフォームする際に注意したいこと。

山ちゃんブログ

バスルームやサニタリーをリフォームする際に注意したいこと。

2017年06月02日(金)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

 

バスルームやトイレ、洗面所の水廻り(サニタリー)に関しては、より清潔に、より機能的に!設計も新しい提案が各メーカーより続々でています。

 

 

寒い日でもヒヤッとせず、翌日床が乾いている浴室や、水栓金具や洗面ボウルがスタイリッシュなサニタリー、すっきりフォルムのトイレと、水まわりの設備は機能性、デザインともに格段にアップしています。

 

 

水垢やカビが気になる場所だけに、デザインだけでなく、最小限チェックしたい機能は3つ。

掃除のしやすさ、換気、耐水性です。プランもサニタリーとトイレを同室にして、限られた空間を有効的に使う提案が、狭小住宅やマンションで増加中です。

 

 

水まわりのリフォームはお金がかかるといわれていますが、相場として浴室はシステムバスで50〜100万円、サニタリーの洗面台は15〜50万円、トイレでは5〜30万円といったところです。

これに別途施工費がかかります。

 

 

 

家族構成や使用頻度、必要な広さなど、ライフスタイルも加味して、使い勝手のいい設備を選びましょう。

 

 

 


 

 

《水まわりは機能美を追求した商品に注目!》

 

カビや水垢など衛生面が気になる場所だけに、単なる見た目の美しさだけでなく、機能性もしっかりチェックしましょう。バス&サニタリーはシンプルデザインで美しさをキープしましょう。

 

 


 

 

《システムバス&バスタブ》

 

「癒し」を機能とデザイン両面から追求!

 

主流は1坪ですが、1.25坪以上の需要が増えつつあります。浴室乾燥機を取り入れて冬は暖かく、夏は涼しくするなどの工夫の他、バリアフリー仕様はもはや当たり前になってきました。

 

 

パーツやオプションで自分好みにカスタマイズできるシステムバスは、売れ筋価格は100万円強。

白やベージュが一般的ですが、壁や浴槽にブルーやイエローを取り入れて個性的に仕上げるなど自由度は高まってきています。

 

さらに、こだわりのバス空間にしたいなら在来工法がオススメです。

しかし、在来工法は工期が長く、メンテナンス代がかかるなど、よりこまめな換気と手入れが必要です。

 

 


 

▲《TOTOのお風呂》

魔法びん浴槽で、お湯を沸かして長時間温かさをキープ。保温効果が非常に高い浴槽となっています。また、手すりと一体になったタッチスイッチ水栓や冬でもひんやりしないカラリ床など、大変機能的であります。

 

 

 


 

 

バスルーム、トイレ、洗面台などは、各メーカーからそれぞれ特徴のあるものが出てますので、比較検討してご自身にとって使い勝手のよいものを選びましょう。

 

それぞれの特徴やメリット、デメリット、最新の機能や、本当の使いやすさなどなど、公平な立場から詳しく知りたいわ、という方はぜひ当店にいらしてください。さまざまなメーカーの商品特徴に詳しい者がわかりやすく説明いたします。話だけでもお気軽に!

 

▲大特価商品、出てます!気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住まいに関する疑問・相談はお気軽にどうぞ。アドバイスなども無料でいたします!

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎!ぜひご相談ください。

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら