山ちゃんブログ

ヤマモトホールディングスHOME > 山ちゃんブログ > 夏の暑さをシャットアウト!窓から入る熱気を防ぐ方法とは

山ちゃんブログ

夏の暑さをシャットアウト!窓から入る熱気を防ぐ方法とは

2018年07月27日(金)

外壁塗装・内装・リフォームのことなら千葉県No.1!

松戸市に本社がございますヤマモトホールディングスです!

 

 

 

 

夏の暑さは窓でシャットアウト!

日差しも熱も入れない工夫を。

 

 

 

《日差しは窓の外でカット》

 

 

夏場に室内に入ってくる熱の70%は、窓からと言われています。いくら室内を冷房で冷やしても、窓に直射日光が当たれば、室内の温度はグングン上昇。

 

 

夏の日差しは窓の外側でカットするのがポイントです。

 

 

とはいえ、シャッターなどで遮ると、昼間から部屋が暗いままに…。そこで便利なのが、光を適度に取り入れつつ、強い日差しをカットしてくれる外付けタイプのロールスクリーンです。

 

 

最近は、専用金具で簡単に取り付けられる商品も登場しています。一つの窓なら最短30分で取り付けが完了。

 

 

2階の窓にも設置できるので、暑さが気になるいろいろな部屋に取り付けられます。日差しを取り入れたい冬は、巻き上げてコンパクトに収納できます。

 

 

また、高度が高い夏の太陽には、オーニングやひさしも有効です。夏場は強い日差しを遮り、冬はやわらかな日差しを取り込みます。

 

 

 


 

 

 

《外の熱を入れない高断熱ガラス》

 

 

ほかにも、窓ガラスを熱を通しにくいガラスに帰るのもひとつの手です。

 

一般的に普及している「一枚ガラス」と呼ばれる窓ガラスは、文字通りガラス一枚だけの構造です。断熱性が低いので、熱をどんどん部屋に入れてしまいます。

 

 

しかし、ガラスを2枚使った複層ガラスを選べば、2枚のガラスの間にある空気層が断熱効果を発揮。一枚ガラスの2倍、熱の流入を抑えます。

 

 

さらに、2枚のガラスの間に熱の伝わりを抑える金属膜を採用した高断熱タイプのガラスなら、断熱性は一枚ガラスの4倍に。部屋の快適な温度を保ちます。

 

 

 


 

 

 

《部屋の内側からの遮熱でさらに快適》

 

 

窓の外や窓ガラスによる対策に加えて、カーテンやロールスクリーンで窓の内側も遮断すれば、室内の快適さがぐんと増します。

 

 

最近は、遮熱効果のある繊維や、太陽の熱を反射する糸を使ったものなど機能性の高い商品が続々と登場しています。窓回りで上手に暑さをコントロールすれば、エアコン効率も上がり、省エネにもつながりますよ。

 

 

 


 

 

 

地元松戸で創業20年。当店は外壁塗装専門店から始まったリフォーム専門店(一級建築士事務所)です。

お住まいのリフォームを検討されている方、ぜひご相談ください。

 

 

その他全面改装や増改築リフォームも、当店の一級建築士が生活動線や間取りを考慮した最適なプランをご提案いたします。

お電話は、プロタイムズ松戸店・鎌ヶ谷店(➿0120-023-430)までどうぞ。

 

 

▲写真は鎌ヶ谷店です。相談しやすい雰囲気の明るく清潔な店舗です。お気軽にご来店ください。一級建築士(澤口)にご相談もお気軽に!(鎌ヶ谷市東初富4-5-54)

 

▲こちらはプロタイムズ松戸店です。(松戸市牧の原にございます。)

 

 


 

 

 

弊社は外装・内装リフォームの専門店(一級建築士事務所)です。お住いの冷暖房、空調設備にお悩みでしたらぜひご相談ください。お住まいに関する疑問・相談もお気軽にどうぞ。

 

まずはお気軽にお電話ください。お問い合わせは

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

お電話(フリーダイヤル:0120-023-430)でのお問い合わせも大歓迎です。

 

 

屋根外壁塗装、屋根外壁のリフォームのお問い合わせフォームはこちら!

ご相談・お見積もり依頼

 

 

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 定休日:水曜日

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら