施工事例

ヤマモトホールディングスHOME > 施工事例 > 屋根・外壁塗装工事

施工事例

屋根・外壁塗装工事

屋根・外壁塗装工事

屋根・外壁塗装工事施工前写真
屋根・外壁塗装工事施工後写真

物件データ

施工内容 超低汚染フッ素プラン
外壁塗装 超低汚染プラチナリファイン2000MF(色:レモン)
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF(色:グリーンレイバー)
工期 約1ヶ月
担当 奈良 勇気
工事費(総額) --------

お問い合わせ

建物診断

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水機能が弱い為、水を吸収しやすく、屋根材自身及び塗膜の早期劣化の原因になります。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水機能が弱い為、水を吸収しやすく、屋根材自身及び塗膜の早期劣化の原因になります。

苔が繁殖しています。含水による屋根材自身の劣化、また野地板の腐朽の原因に繋がります。

苔が繁殖しています。含水による屋根材自身の劣化、また野地板の腐朽の原因に繋がります。

板金部においては、色あせのほか、経年劣化によるコーキングの劣化が見られます。水分が進入する可能性があります。

板金部においては、色あせのほか、経年劣化によるコーキングの劣化が見られます。水分が進入する可能性があります。

板金部においては、コーキングの劣化のほか、固定用の釘が浮いてきているのがわかります。打ち込み直しや、釘頭のコーキング処理を行っておくと安心です。

板金部においては、コーキングの劣化のほか、固定用の釘が浮いてきているのがわかります。打ち込み直しや、釘頭のコーキング処理を行っておくと安心です。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水効果の弱い基材が湿気を含み、藻やカビが発生している状態です。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水効果の弱い基材が湿気を含み、藻やカビが発生している状態です。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水機能が失われつつある状態です。

広い範囲で塗膜の劣化が見られます。防水機能が失われつつある状態です。

広い範囲で塗膜の剥離が見られます。完全に防水機能が失われた状態です。

広い範囲で塗膜の剥離が見られます。完全に防水機能が失われた状態です。

鉄部にサビの発生。見栄えが悪いだけでなく資材の老朽化が起こっているというサインになります。

鉄部にサビの発生。見栄えが悪いだけでなく資材の老朽化が起こっているというサインになります。

外構・基礎部分。藻の繁殖のほか、酸性雨や排気ガス、水分の凍結による爆裂などにより、基礎コンクリートの劣化が見受けられます。

外構・基礎部分。藻の繁殖のほか、酸性雨や排気ガス、水分の凍結による爆裂などにより、基礎コンクリートの劣化が見受けられます。

ラティス。紫外線や湿気などのダメージを繰り返し受け、腐食しています。

ラティス。紫外線や湿気などのダメージを繰り返し受け、腐食しています。

《外壁》
外壁仕上げ材は、モルタルでした。モルタルの外壁は、非常に丈夫なイメージがありますが、素材自体の防水性能は低いため、塗装をすることで素材を水から守っています。
防水機能を果たしている塗膜が劣化してくると、徐々に水分を吸収し“クラック”と呼ばれる亀裂(ひび割れ)が生じてきます。

これを放置しておくと亀裂からさらに水分が入り、壁の内部を腐らせてしまう恐れがありますので、塗り替えやコーキングの補修などの定期的なメンテナンスが必要です。


《屋根》
スレート瓦(カラーベスト、コロニアル)でした。
寸法精度が高く、施工性がよい特徴があります。また、断熱性や耐震性にも優れ、デザインにも多様性がある建材です。主成分がセメントのため、素材自体に防水性がなく、表面に塗装をしています。アクリル樹脂塗装がされているものが多く、その耐久年数は5~7年です。

そのため、10年を経過するスレート屋根は防水性が切れて、色の変色、藻やコケの発生などが多く見受けられます。

施工中の様子

塗装前、洗浄のお写真です。屋根を洗浄しています。

塗装前、洗浄のお写真です。屋根を洗浄しています。

こちらは外壁です。高圧洗浄機で汚れを落としていきます。

こちらは外壁です。高圧洗浄機で汚れを落としていきます。

こちらは外構。汚れがみるみる落ちていきます。

こちらは外構。汚れがみるみる落ちていきます。

屋根です。板金部に錆止めを塗っています。

屋根です。板金部に錆止めを塗っています。

屋根です。ファイン浸透シーラーで下塗り1回目をしています。

屋根です。ファイン浸透シーラーで下塗り1回目をしています。

屋根です。サーモテックシーラーで下塗り2回目をしています。

屋根です。サーモテックシーラーで下塗り2回目をしています。

中塗りをしています。スーパーシャネツサーモFのグリーンレイバーというお色です。

中塗りをしています。スーパーシャネツサーモFのグリーンレイバーというお色です。

中塗りと同じ塗料で、上塗りをしていきます。

中塗りと同じ塗料で、上塗りをしていきます。

屋根、塗装完了です。見違えるほどキレイになりました。

屋根、塗装完了です。見違えるほどキレイになりました。

こちらは外壁です。高圧洗浄後、補修をします。写真はひび割れ補修をしているところです。

こちらは外壁です。高圧洗浄後、補修をします。写真はひび割れ補修をしているところです。

エピテックフィラーAEで下塗りの1回目をしています。

エピテックフィラーAEで下塗りの1回目をしています。

エピテックフィラーAEで下塗りの2回目です。

エピテックフィラーAEで下塗りの2回目です。

超低汚染プラチナリファイン2000MFで中塗り、上塗りをしていきます。レモンというお色です。

超低汚染プラチナリファイン2000MFで中塗り、上塗りをしていきます。レモンというお色です。

破風板、鼻隠しのケレン作業中です。

破風板、鼻隠しのケレン作業中です。

破風板、鼻隠し、マックスシールド1500Si-JYのオフホワイトで塗装していきます。

破風板、鼻隠し、マックスシールド1500Si-JYのオフホワイトで塗装していきます。

こちらはラティス。ガレッジグリーンというお色です。

こちらはラティス。ガレッジグリーンというお色です。

濡れ縁もラティスと同色で塗装いたしました。

濡れ縁もラティスと同色で塗装いたしました。

外壁のお色は、外壁のお色は「超低汚染リファイン2000MF」のレモン、屋根のお色は「スーパーシャネツサーモF」のグリーンレイバーというお色です。
雨樋、破風板などはオフホワイト、ラティス・濡れ縁などはガレッジグリーンというお色です。

塗装前、お色に悩まれる方には、カラーシミュレーションがおすすめです。
塗装前の建物のお写真を専用のソフトで加工し、塗装してみたいお色でシミュレーションできます。(https://matsudo-paint.com/campaign/2020/10/20/11682/)

Before → After

屋根・外壁塗装工事施工前写真1
屋根・外壁塗装工事施工後写真1

担当者よりメッセージ

屋根・外壁塗装工事
奈良 勇気

この度は弊社で塗装工事をしていただきまして誠にありがとうございました。弊社では、屋根・外壁塗装のほか、水廻りを含む内装リフォーム全般を承っております。お住まいに関しますこと何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

« 一覧 »

しつこい営業や勧誘はいたしません

私たちはお客様の立場にたった、アドバイス・ご提案をさせていただきます

0120-023-430受付時間:9:00~18:00 水曜・第一日曜定休

お問い合わせメールフォーム

ヤマモトホールディングスでは外壁や屋根だけではなく、水回りから内外装、増改築、オール電化太陽光発電まで、あらゆるお家のリフォームに対応が可能です。

総合リフォーム専門サイトはこちら